就業規則Q&A

  • 就業規則Q&A
  • 就業規則の活用例
  • 業務案内
  • サービス/相談内容
  • お問合わせ
  • 事務所案内
TOPページ > よくある質問

よくある質問

就業規則は、会社が一方的にルールを決めることが出来ると承知していますが法的に有効性があるのでしょうか?
会社が独自に決めたルールを羅列しただけの就業規則は、労働基準法では適法なものとはいえません。
作成時には、労働法を順守しつつ企業活動をいかに実現させていくかが、ポイントとなります。
分かりやすい規定になっているか?
法律用語をそのまま規程したり、誤った使い方をしたり、あるいは他社の条文をそのまま利用したりする等、非常に分かりずらい表現となっていることが見受けられます。
労働契約の原理原則を踏まえたものとなっているか?
就業規則は、会社が一方的にルールを決め従業員を縛り付けるものではありません。
今後の労使関係は合意原則等の契約原則を無視しては、企業運営は成り立ちません。
必要事項が漏れなく記載されているか?
就業規則には、「絶対的記載事項」と「相対的記載事項」が定められています。
「絶対的記載事項」は、就業規則を法的に効果あるものにするため必ず規定する必要があります。
最新の労働法にマッチしているか?
最近の労働法は、労働環境や個々人の考え方の多様化により頻繁に改正され、今後も続くものと思われます。
少子高齢化、働き方の多様化、トラブルの急増、ワークライフバランスの重視など労働環境は時々刻々と連続的に変化しています。
就業規則の適用範囲は、明確にされているか?
一般的に就業規則は、正社員を前提として条文が規定され、パート・アルバイトなどを適用除外としている場合が非常に多いです。
ところが、肝心な別規定を定めないまま運用している会社が殆どですが、誤解を招くこととなります。
少なくとも「パート・アルバイト等に関しては、本条によらず労働契約通知書による。」とする規定を設けることが必須です。
このページのトップへ
Copyright (c) 太田経営労務センター All Rights Reserved.